© 2016 by MIKI YAMANAKA. Proudly created with Wix.com

BIOGRAPHY

Miki Yamanaka is a New York-based pianist from Kobe, Japan. She moved to New York City in 2012 and has studied Piano with Jason Lindner, Jeb Patton, and Fred Hersch, and Organ with Sam Yahel and Larry Goldings. In 2015 she was one of three pianists selected to participate in “Betty Carter’s Jazz Ahead”, an intensive composition residency at the Kennedy Center. She earned her Master of Music degree from Queens College, receiving the Sir Roland Hanna Award. Miki has appeared in concert with many notable musicians including Steve Nelson, Seamus Blake, Jerry Dodgion, Victor Lewis, Rich Perry, Antonio Hart and Peter Bernstein. She holds residencies at Smalls and Mezzrow Jazz Clubs in NYC, and hosted a week-long tribute to Horace Silver in 2016 and presented her own music in 2017 and 2019 at Dizzy’s Club Coca Cola. She is the current pianist in the Philip Harper Quintet, the Roxy Coss Quintet and the Antonio Hart Group. Miki recorded a mini album called "Songs Without Lyrics" in 2012, and has recorded a new album with Steve Nelson, Orlando le Fleming, and Bill Stewart in 2017, which was released by a Canadian label, "Cellar Live", in 2018.

兵庫県神戸市出身。原田中学校のブラスバンドでビッグバンドジャズに出会う。以来、ビッグバンドのみならずコンボジャズにも興味を持ち、高校在学中にジャズピアノを森田千裕氏に師事する。岡山大学では地球科学科を専攻するも、在学中より岡山・倉敷のライブハウスを中心に活動を展開し、2012年春より語学・音楽の修行のため単身NYへ。13年夏に帰国するも、更なる前進をめざし、14年1月よりQueens Collegeに通い、修士課程を15年12月に修了、修了時には優秀なピアニストへ贈られる「Sir Roland Hanna Award」を受賞。15年3月には厳しいオーディションをくぐり抜け、ワシントンD.C.ケネディーセンターで開かれた2週間のワークショップ「Betty Carter’s Jazz Ahead」に参加。Jason Moran、Cyrus Chestnut、Eric Harlandなど蒼々たるミュージシャンに教えを得る。 NYでは最も忙しい若手ピアニストの一人だと言われ、NYジャズの中心地と言われるSmalls Jazz Clubでは2016年で最も多く演奏したミュージシャンに選ばれる。姉妹クラブのMezzrowではオープン当初から毎週演奏し、現在は月に1回自身のデュオで演奏。Dizzy’s Club、 Fat Catなど他クラブでも勢力的に演奏活動を行っている。ステージをともにしたミュージシャンは多く、Russell Malone (Guitar)カルテットではジャクソンビルジャズフェス、アトランタジャズフェスに、Antonio Hart(Saxophone)グループとは韓国・大邱ジャズフェス、Roxy Coss(Saxophone)クインテットでは過去2作(“Future Is Female” - Posi-tone record、"Quintet" - Outside in Music)に参加、NYユニオン紙の表紙を飾る。2017年、自身の最も一緒に演奏したいと思うバンド(Steve Nelson; vibraphone, Bill Stewart; drums, Orlando le Fleming; bass)を集め、レコーディング。10曲を収めたCD「MIKI」を18年8月にカナダのレーベル、Cellar Liveよりリリース、全米NACCジャズチャートでは第3位を取った。